外壁塗装の最適な時期とは?

外壁塗装の最適な時期とは?

外壁塗装の最適な時期とは? 外壁塗装は基本的には1年じゅう可能です。しかし足場を組んで工員が塗装をしていくわけです。塗料は基本的にはすぐに乾きますが、春や秋の乾燥した時期であれば、特に乾きやすいといえます。ですが夏や冬でも特に問題はありません。でも梅雨時はなるべく避けたいものです。なぜならば外で工員が仕事をするわけですから、雨の日には仕事が出来なくなってしまうからです。
梅雨時は雨が多いので作業が難航するのがデメリットです。早く終わらせたい場合には、梅雨時は避けましょう。6月や7月はただでさえ洗濯物が乾きにくい傾向にあります。外壁塗装の作業が難航していると、作業中はただでさえ、洗濯物が外に干せません。さらに梅雨時も重なると、部屋干しの時期が長くなることが考えられます。ですから、このような状況になりたくないのであれば、その季節は避けて春や秋がベストでしょう。ただしその季節は繁忙期なので、塗装の作業がずれる可能性も考慮しておきましょう。

外壁塗装は長持ちする塗料で

外壁塗装は長持ちする塗料で 住宅の外壁は、風雨にさらされることになるため経年劣化で色あせしてしまうことや外壁が傷んではがれる、亀裂などが生じてしまうこともあります。そのため、定期的に外壁塗装を行うことが大切です。ですが、何度も外壁塗装するのは手間でもあり面倒という方もいるでしょう。塗料選びを重視するのも、ポイントといえます。
近年では、外壁塗装用の塗料も比較的長持ちするタイプのものがあります。塗装する回数を減らしたい場合には、そのような塗料を選ぶのがおすすめです。ただし、耐用年数が長い塗料は金額的にはやや高めな傾向があります。塗り替えの回数が減らせるということは、その分無駄な出費を減らせることにもなるため、初期費用が仮に高額になったとしても、長期的に考えればお得になる場合もあります。外壁塗装の際にはどのような塗料を利用するか、また耐用年数などから塗り替えの期間、回数などを予想してお得かどうか判断してみることも大切です。